おすすめの結婚指輪6選~銀座~

トップ > 銀座の結婚指輪情報 > 結婚指輪を身につけない・つける理由

結婚指輪を身につけない・つける理由

 銀座でも、結婚指輪をしている人の多くが意外にも男性で、結婚している証として身につけさせられている、という尻に敷かれた男性の声も聞かれています。
もちろん結婚の証ですが、身につけていない男性も少なくありません。
年齢的にまだ結婚していないと思われたいなど、浮気心からではないようです。
ですが、身につけることで仕事面では大きなメリットがあるようで、商談にしても、既婚者と分かった方が接しやすい、こうした歩み寄りやすさも結婚指輪を身につける相乗効果です。
多くの女性は、夫が結婚指輪をつけていないと気にしがちですが、仕事への理解を示さないワケでもなく、指輪を普段身につけないのなら、ペアの腕時計やお揃いの宝石を埋め込んだネクタイピンなどを代替えとして身につけさせているようです。

 今や、銀座のブライダルジュエリー店でも、新定番となるのがエタニティリングです。
結婚指輪を身につけない夫婦が増えている背景も重なり、結婚記念日に男性から贈るはずのエタニティリングを、婚約と結婚の両方の意味合いで身につけさせる男性の声が聞かれています。
これまでも、婚約指輪との2連つけをする女性はいましたが、エタニティリングなら1本で賄えます。
見た目も華やかで、美しいものを見ているだけで幸福感を得られる女性の心理を上手く付いています。
幸福であれば、それだけ結婚生活も長く続く、永遠の愛となるのでしょう。
しかし、銀座は一等地、できるだけ安く結婚指輪を購入したいのなら、婚約指輪とのセットがやはりオススメです。
また、時期的には冬、クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなどのイベントがあるため、指輪の種類も豊富、価格もプライスダウンになっています。

 身につける指の太さ、長さが異なるように、1人1人似合う指輪は違うものです。
指の特徴と指輪の形の相性を診るアドバイザーに相談しましょう。
かけがえのない1本に出会えれば、一生涯身につけたくなるはずです。
長くて華奢な指の持ち主ならば、比較的どんなデザインでも似合います。
女性ならば、指馴染みのいい約1.6mmの幅の指輪、男性ならば約2.5mm程の細さのものがアドバイザーからオススメされています。
小柄な女性は必然的に小さな手の持ち主、指長効果を狙うならばV字、太いアームは短い指を強調させてしまいます。
大きく、関節がしっかりとした指ならば、関節に合わせたサイズになるので、どうしても指輪がクルクル回りやすくなります。
デザインにこだわらず、シンプルなものをセレクトしましょう。
太ったから身につけたくない、こうしたふくよかな指なら、やや太めのアームながらもゆるやかなウェーブラインのものがオススメ、メレダイヤモンドをあしらい、指に華やかさを演出してもいいかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー